スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなコーチたち!

ayaです


いつも、いつも、のことですが。。。


本当に、自慢なので、また自慢させてください!!!


レアーレのコーチたち!!!


本当に素敵なんです!!


前回、伝えたセレクションの話。


面接をしたのですが


もう、コーチたちが子ども達のお父さんにしか見えなくて!!!!!


全ての子どもたちに、愛情がひしひしと伝わってきて!!!


サッカーチームで、ここまで、子ども達、一人一人に向き合って、時間を作って


そして、子ども達、それぞれのことで悩んで



なんて、そんなチームって、めったにないのではないかな!?


って思うくらい!!!



さらに!!!!


それだけではなくて



こんなことも、お酒を飲んでいなくたってしてくれるのです!!!



IMG_20140626_221404.jpg



鬼コーチの誕生日


鬼コーチにサプライズで、練習後、みんなで来てくれ!!!


鬼コーチがお風呂に入っている間にキッチンに隠れ


そして、サプライズ登場!!!!




IMG_20140626_221550.jpg



コーチ同士がこんなにも繋がっていられるレアーレが


本当に、本当に嬉しいです!!!!



だから!!!!!



小学5年生以下の練習試合をテスト中なのに、手伝ってくれる中学生のキャプテン!!!!


20140622_124159.jpg



そして、小学生の6年生キャプテン



IMG_0537.jpg



コーチの姿が上の子たちに伝わり


そして、上の子たちの姿が下の子たちに伝わり


それが、いつかレアーレの伝統


ってなるような


そんな姿になれたら嬉しいです!!!



そして、これも、お約束


IMG_0972.jpg



試合後のゴミ拾い



IMG_0974.jpg



ゴミ拾いって、


ゴミ拾いします!!!!


ってしなくても


IMG_0975.jpg



気になったゴミを気になった時に拾えるような人でいたい


ゴミを拾うことがあたりまえ




IMG_0976.jpg



そんな姿勢もレアーレの伝統になったらな


そして、いつかレアーレが強くなったら


きっと、たくさんの子どもたちがマネをしてくれる!!!


そしたら、一所懸命訴えなくても


素晴らしいことが、自然に伝染していく



そんな形をつくりたいな


そう思っています!!!



IMG_0978_20140628211917e68.jpg




そして、素敵なのは、日本のコーチだけじゃないんです!!!



基本ごみだらけのネパール



P5253205.jpg



当たり前に、ゴミを車の窓から捨てて


ゴミを家の窓から捨てて!!!!!


ほんと、ごみだらけ!!!!!



そして、どうしても、少しずつでも変えていきたくて!!!


私から変えよう!!!


そして、コーチから変わろう!!!


って


前回、ネパールに行った時に


ずっと、ずっと、


コーチが捨てたゴミを騒ぎながら拾っていたら


もう、身体にしみついているゴミのポイ捨て


そのたびに「NO-----!!!!!!]って叫んでいたら



こんな写真が!!!!


1403884859682.jpg



コーチがゴミ箱を作っているのです!!!



1403884849920.jpg




これを見たらアヤは喜ぶだろう


って写真を送ってくれて!!!!



1403884863951.jpg



もう、喜びというより、感激です!!!!!



そして、本当に、こんな素敵な人たちと出会えて、そして、一緒に活動できてることが


本当に、本当に嬉しくて!!!!




レアーレは、本当に素晴らしいチームです!!!!



ほんと、胸を張って自慢できます!!!!!


こんなに素晴らしいコーチたち!!!!!



私は、とーーっても幸せな人生を歩ませてもらっています!!!!



IMG_20140627_001506.jpg




これから、レアーレにご寄付いただいたお金たちは、ネパールの清掃活動に使っていきたいです!!!


気の遠くなるようなゴミだらけのネパール


いつかみんなが、ゴミはゴミ箱へ


が当たり前になったら


もうちょっと、環境に対しての感じ方も変わってくるように思うのです!!!




人の心も環境も、少しでも


美しい


って感じる環境になりますように!!!!



そして、これから、もっと、もっと、応援してくださるみなさんと


力を合わせていきたいです!!!!




P5283434.jpg

スポンサーサイト

As a mother

Hello

It is Aya


It is late night, and I am updating a blog from my cell phone.


Today, after coming back from the soccer practice,


My husband ( head coach) told me before putting the kids into sleep



Regarding the last blog, there is a story that continues


For the NODA Racing Academy collaboration camp,


We are bringing 9 selected children from FC Reale


The selected children from the final decision was only 7 children



We could not decide to choose two others, because


It may be too generous,


But we wanted to give one more chance to the children


All coach members agreed to do


That teaching them about the importance of never giving up, and what it is to never give up,


We wanted to observe their attitude afterward and make the final decision for the last 2 players



What we decided to tell the children, is that


Within the following three days, the children have to speak out their desire that they want to go


And we will do interview after one week.




The qualification is above 5th grade ( age 10)


And my daughter, Akane, is also in 5th grade



But at the previous first selection, she was not selected by the coach members


My daughter is always shy


Often in soccer games, she fear to make mistake in her performance


I am wondering whether she is getting this stubborn and reckless blood that I have .... ?





But such girl have came to her father (head coach) , as the first one to come, and said !!!!



" I want to join the camp !!"


she said


" I truly want to become a professional soccer player, and make everyone happy "


fc2_2014-06-20_02-27-40-498.jpg



Honestly, I was very very happy.


All the coach members of FC Reale Japan have children.


And coaches are most strict to their own children


I think they are going through many kinds of feelings as a parent and child relationship


Which is also the same in our household.



Every child wants to dominate his/her parents


They want their parents to only focus on themselves


They want themselves to be their parents' number one


But


During practice, they have to call their father as "coach"


And Akane's father is always thinking about Reale


He is thinking about Reale soccer whether he is awake or asleep



fc2_2014-06-20_02-33-40-672.jpg




And her mother is always away from home




fc2_2014-06-20_02-36-11-516.jpg



Not just home, but I am not even in Japan



Even if they want to hear my voice through phone, they cannot even do that


Even when I am at home, I am busy doing work, or at rest for a broken body from the strain of long trip



I question myself about my roll , what is a


" Mother "




I am not able to do mother's job sufficiently


Especially that children is able to sense the direction of their parents' focus


I think they are going through an enormously lonesome feelings





But no one knows


What is the happiness for children, and what is the right answer




That is why, I want them to develop their spirit.



Regardless of the environment and situation they are in,


If they could feel the happiness


And if they could live with the feeling of


Thankfulness


Then all the things they go through will be the right answer!





My thinking is that


Right answer is something that should be made by yourself



That is why, my daughter's action this time was a great, enormous surprise and joy


And especially


" I want to make everyone happy "



fc2_2014-06-20_02-30-11-790.jpg




When I heard it, I was thinking that she will find out some day


That this particular feeling of her will actually bring happiness to her life



Being raised by such a neglecting mother,


I was very very happy to see that


Gradually, but in a definite way,


She is learning the part that I wanted her to know the most





In such late night, I really wanted to write about this


Excuse me for writing as a fond mother :)



Being allowed by my children and husband to experience a life as a mother,


I am truly thankful from my heart


fc2_2014-06-20_02-32-23-192.jpg



But I am definitely disqualified to do the mother's job ^^;


That is why, I want to always remind myself


That I will always


Be fully aware of my children's feelings!





Even raising my own children, I cannot do everything by myself


Anything that I do really cannot be done by myself


That is why,


Thank you so much !


For everyday


Full of thankfulness !




The commitment of FC Reale

Hello


This is Aya



Recently, when I am abserving the (soccer) practices, and repeatedly having meetings with coach members,


Something I felt really strongly is


That the children of FC Reale is truly fortunate!!!


And us as coaches are also truly fortunate because we are given much learning and joy from the children!!!


First time since we started FC Reale nearly 4 years ago,


we have conducted to do the selection of players


The policy of FC Reale is to give equal opportunity to every children



But in sports, when a player aim to become the best,


then it is inevitable to go through an experience to be selected


So we discussed with coach members


And decided to the first selection of the players !!!



This summer, we are inviting students and coaches from FC Reale Nepal


And by truly precious kindness, we are able to coordinate


an exchange camp with the NODA Racing Academy

http://www.noda-racing-academy.org/


At NODA Racing Academy, students are precisely aiming to become the professional driver


The school is designed to provide an education based on developing professional traits


Not only that


Training and school curriculum is teaching many important skills that can be effective when they enter the society


All the things that I wished Japanese education system can apply


This school is doing exactly the way I wanted !!!


That is why, we have scheduled to bring the children of FC Reale for three days


To learn in the same curriculum and live in the same lifestyle( the school is a boading school )


To enhance the awareness of becoming the professionals, to be self-conscious, to change their way of thinking


And most of all, to have the self motivated ambition , the desire to learn, to have the leadership


Hoping they could receive such influences,


We are very grateful to be able to make this happen by many people's support


But since we cannot bring all of our children


What we as Reale decided to do,


Is to


Select several players by coaches' decision


And make them write an essay, and make final decision by reading their proposals



First, when coaches called out names in front of all players


Such indescribable feeling I had


By observing the children's feelings when they were not selected



But when I think about my experiences in life


To be left out


And the experience


To be selected


It was an important moments that I went through in life



And we asked them to write essays



IMG_20140619_212117.jpg




Those who are literate, and those who aren't


Those who wrote it thoughtlessly in little time they had


There are many things we can read from their writing


But


Having them write these essays


and to be able to hear their feelings



P6143604.jpg



So much essays that really touches our heart!!!



Many children have wrote


"I will not forget thankfulness"


"I love Reale "


"I love soccer!"


" When I become the professional player, I want to pay back to the coaches who created Reale and people who are supporting us "



Honestly, there were many essays that made me cry


And probably other coaches too


But we have to choose few members from the group


We discussed until late night in the coach meeting


And the day of announcement



IMG_20140618_204441.jpg



What I was very very happy !!!!


Was that, when the first person have been called out his name,


Other boy clapped really loudly !!!!


Then everyone else followed him !!!!


Not because they were told by the coach


But to be able to do such thing naturally !!!


Was such a blessing for me to see !!!



By doing this selection,


All the coach members were hoping to see


From those children who were not selected,


We wanted to hear their voice saying


" I want to go too !!!"

( In Japanese culture, we learn to respect the others and to show humbleness. so it is difficult to speak out our selfish opinion in such a serious atmosphere)



In my generation, my teachers and parents were very strict


So many times,


" Get out of here !!!"


" Go quit !!! "


Given such words


I was able to learn their feelings behind such words


Even when they turned their back on me, if it was something that I truly wanted to do,


Then I had to think " what is that I have to do "


Naturally, I was given the lesson to develop such traits


But the children in this generation,


when they are told


"No"


Then that is the end


when they are told,


" Impossible "


Then they give up


And mostly, when they are told "No" or " Impossible "


They do not know how to change the outcome


How to change other's feelings !


Even they are told not to come,


Or not to do,


The person they are dealing with has emotions


And they have to learn how to work on it so they can change the outcome


Or


They have to learn that outcome sometimes be different if they make a serious effort


That is what we wanted the children of Reale to know



IMG_20140618_204713.jpg



Fortunately, all the coach members know this from their experiences !!!


And many coaches want the children to attain such toughness !



The best would be to have the children naturally learn these traits


But in recent generation, there are very few adults who would teach such lessons


So there are very little opportunity that they have


so I had the coaches to teach them


What coaches have been thinking about


How to express their feelings, the importance of making actions


How valuable it is to never give up


And


No matter what kind of situation it is


Even when the situation is conclusive


If the children's feeling is strong, and when he/she make serious effort according to his /her intention,


Such action has the power


The power to change even a conclusive situation



IMG_20140618_204804.jpg



Children listened to the coach with serious and truly strong look in their eyes


In a single program of


Selection,


I would be very happy if Reale's children


can earn another lesson to attain the strength to live !!!



P6143662.jpg



Also in regular practices,


Not only to teach soccer skills,


But the coach members are focusing to teach the children about


The strength to survive


The strength to continue the effort


The importance and the greatness of helping each other


Of course, the coaches are still searching how to teach


but


As an adult, as an human being,


They approach each children's heart with serious intentions!!!!


That is why I truly love this FC Reale


And these Reale's coach members and children are my pride !!!!


We want to continue to approach each step with sincere motivation!!!!


To continue FC Reale created by everyone's collaboration


And by many people's support


I will continue to make best effort!!!!


And,


YOROSHIKU ONEGAI SHIMASU!!!!

(a Japanese greeting that express the feeling of " please " "thankfulness"&"respect")



P6143664.jpg



(translated by Naoto Kizaki)

母として

aya です



真夜中にケータイからのblogです


今日、サッカーの練習から帰り


子どもたちが寝る前に、夫から聞かされたこと




実は、前回のセレクションの話しには続きがあるのです



合宿には、9人子どもをつれていけるのですが



コーチと選んだ子どもは7人



残りの2人はどうしても決められず



甘いかもしれないけれど、



全ての子どもたちに、もう一度チャンスをあげたい



諦めないことの大切さを、どうしたら諦めないことなのか



教えた上で、もう一度、2人を選ぼう



と、コーチたち、全員の意見。



3日以内に、行きたい!という意思表示をして



そして、1週間後面接をする



そんな事を、子どもたちに伝えました。



対象は5年生以上。



勿論、5年生の私の娘も対象です。



そして、前回、コーチたちの第一次選考からも外れていました



いつも、消極的な娘



試合でも、消極的なことが多く、私のこの



負けず嫌いで、わがままな血は、流れているのだろうか…?



と思うほど。



そんな娘が、なんと!!!!!!!



一番に、夫のところへ行き



「私も合宿に参加したいです!」



って。



「 私は、本当に、サッカーのプロになって、みんなを幸せにしたい」



って。



「だから、もっと自分を高めることができる、合宿に参加したい」



って。







正直に、スッゴく嬉しかったです。



レアーレのコーチたちには、皆子どもがいます。



そして、コーチたちは、自分たちの子どもには一番厳しくて。



きっと、親子で色々な思いをしてくれているのです。



それは、我が家でも同じ。



どんな子どもだって、親を独り占めしたい。



親には自分だけを見ていてもらいたい。



自分が一番であってほしい。



でも



練習中はお父さんを



「コーチ」



って呼ばなきゃいけなくて



お父さんはいつも、レアーレの事ばっかり考えていて



寝ても覚めても、レアーレのサッカーで









そして、お母さんはしょっちゅう家に居なくて









家どころか日本に居なくて



電話で話したくても、声が聞きたくても聞けなくて



家にいても、仕事だったり、海外から帰れば体調を壊してみたり



お母さん



って、何だろう?って私自身が思うくらい



お母さんの仕事ができていなくて



何より、子どもって、親の気持ちがどこを向いているのか



とっても感じていて



だから、きっと、すごく、すごく



寂しい思いをしているんだとおもうんです



でも、何が子どもにとって幸せで、何が正解かなんて



だれも解らなくて



だからこそ、私は、



どんな環境でも、状況でも、幸せを感じで



ありがとう



を感じていて生きていける



それを身に付けてもらいたくて



そしたら、どんなことも、全てが正解になる!



正解は自分で作るもの



そう思っていて。




だから、娘の行動は、すごく、すごく、驚きと嬉しさと



そして、



みんなを幸せにしたい



という言葉










きっと、いつか、その思いが、実は自分への幸せを運んでくれるもの



って、知ることができる時がくるだろうな



って、思いながらも



これだけ、放ったらかしの母親のもとで



一番感じて欲しかった部分が



少しずつ、伝わっているのかも



って思ったら、すごく、すごく、嬉しくて



真夜中に、どうしても書きたくなって



親バカを、書いてしまいました



母親という経験をさせてくれいる子どもたちと夫に



心から感謝です









でも、やっぱり



母親業は、失格です^^:



だからこそ、子どもの、心だけは



いつも、いつも、



しっかりと見極めていたいです!



子育てすら、一人では出来なくて



本当に、何をするのも、一人では出来なくて



だからこそ、本当に



ありがとう




だらけの毎日で!




ありがとうございます!




レアーレの取り組み

ayaです


ここ最近、レアーレの練習を見て、コーチ達とミーティングをたくさん重ねる中で


とても、とっても感じたこと



レアーレの子ども達は、本当に、幸せ!!!


そして、学びと感動をもらえている、関わる私たちも、どっても幸せ!!!!


ということ。




レアーレ始まって初の、セレクションがつい最近行われました


レアーレのポリシーは、誰にでも平等に機会があること



けれど、スポーツって、上を目指せば目指すほど、選ばれる、選ばれないが出てきて


コーチたちと話しあい


初のセレクションをしました!!!!



この夏、ネパールレアーレから留学生がやってきて


そして、本当に、大きなご厚意で行うことのできる


NODAレーシングアカデミーさんとの交流合宿

http://www.noda-racing-academy.org/



NODAレーシングアカデイーでは、子ども達が明確に、プロを目指していて


そして、教育も、プロを見据えた教育


それだけではなく、


トレーニングや、教科の教育が


実践的で、社会に出た時に、本当に、役に立つことばかり!!!



私が、日本教育がこんな内容だったらいいのに!


そう感じてたそのままの事をされていて!!!!



だから、3日間、レアーレの子ども達が、同じ生活、同じ授業を体験させてもらうことで


プロへの意識の向上、自覚、思考の変化、


何よりも、自ら向上心を持ち、学ぶ意欲を持ち、リーダーとしての自覚を持てる


そんな、刺激を持てたら


そう思い、本当に、たくさんの方の協力を頂きながら、行わせてもらいます。



けれど、全員をつれていくことが出来ない状況で


レアーレが考えた1つの方法


それが


コーチたちが数名を選び


そこから、この子たちに作文を書いてもらい、メンバーを決定する



という方法



まず、コーチが子ども達の名前を呼んだ時


もう、なんとも言えない感情に・・・


選ばれなかった子たちの気持ち



でも、それって、私が今までの人生で


選ばれない


という経験


選ばれる


という経験をしてきたから



それを考えると、とっても大切な瞬間。。。



そして、選ばれた子たちに作文を書くように伝えて



IMG_20140619_212117.jpg



伝えることが上手な子、そうでない子



時間がなくて、とりあえず書いてしまった子



など、作文からつたわってくることは、様々



でも・・・



作文を書いてもらって


子ども達の心を聞くことができて



P6143604.jpg



心を打たれる作文がたくさん!!!!




たくさんの子どもたちが



感謝を忘れない


レアーレが大好き


サッカーが大好き!


プロになって、いつかレアーレを作ってくれたコーチたち、支えてくれている人たちに恩返しをしたい




正直、涙がでてくる作文がたくさん・・・


きっと、コーチたちも。。。




それでもそこから数名を選ばなければいけなくて



コーチミーティングを夜中までして、話し合い


そして発表



IMG_20140618_204441.jpg




すごく、すごく、嬉しかったのが!!!!


選ばれたこの名前が呼ばれたときに


一人の男の子が大きな拍手をして!!!!!


そして、みんなが拍手をして!!!!!



コーチたちからではなく


子どもから、そんな行動が自然とできる!



それが、本当に嬉しくて!!!



今回、こうして


選ばれる


という機会を作って、コーチたち全員が感じていたこと



選ばれなかった子ども達から


自分も行きたい!


そんな声が欲しかった。




私の世代は、厳しい両親や、厳しい先生がたくさんいて


しょっちゅう、


「止めてしまえ!!!」


「出ていけ!!!!」



っていう言葉をもらい


その都度、その言葉の裏にある気持ちを学び


突き放されたときに、それを本当に自分がしたいことだったら


どうしたらいいのか



それを自然と身に付けさせてもらっていたように感じます



けれど、今の子ども達は



ダメ


と言われたら、おしまい。



無理



と言われたら諦める



というより


ダメ、無理


と言われた時に、その結果をどうしたら変えられるのか


どうしたら、人の心を変えられるのか!


その方法を知らないように思います



ダメって言われても、


来るな、って言われても


相手は心のある人


そこを、どう、自分が取り組んだら、その今ある結果を変えられるのか



もしくは


結果は、その後の自分の必死な努力で変わることだってある



それをレアーレの子ども達には知ってもらいたくて




IMG_20140618_204809.jpg




幸せなことに、レアーレのコーチたちは皆、それを知っていて!!!!!


そして、そのしぶとさを、子ども達に身に付けてもらいたい!


って思てくれているコーチたちばかりで!!!!



本当は何も言わなくても、子ども達がそれに気づいてくれることが一番だけれど


今は、そこを教えてくれる人が本当に少なくて


そんな機会も、本当に少なくて



だから、レアーレのコーチに、教えてもらいました


コーチたちが思っていたこと


気持ちを伝えること、行動することの大切さ


諦めないことの大きさ


そして


いつだって、どんな状況にであっても


どれだけ、決定的な状況であるとしても


思いが強く、そして、その思いにしたがって、必死で努力し、行動する


その力には


その決定的な状況を変える力があること



IMG_20140618_204804.jpg



真剣に、本当に、力強い眼差しで話をきく子ども達



セレクション


という一つの取組みで


レアーレの子どもたちが


一つ、生きる力を身に付けてくれていたら嬉しいです!!!



P6143662.jpg



普段の練習の中でも


生き抜く力


頑張り続ける力


力を合わせることの大きさ、大切さ



サッカーの技術だけではなく


そこに重点が置かれている指導をしてもらっています



もちろん、コーチたちも手探り


でも


一人の人として、大人として


子どもたちの心と


真剣に向き合ってくれています!!!!



だから、私は、レアーレが大好きだし


レアーレのコーチたち、そして、子ども達が、私の誇りです!!!!



これからも、1つ1つ、真剣に取り組んでいきたいと思っています!!!


たくさんの方の力を借りて


そして、皆で作っていけるレアーレであれるように


これからもがんばります!!!


そして、


よろしくお願いします!!!



P6143664.jpg







久しぶりの

ブログです。。。


「言葉にする」


という作業が、ネパールから帰ってきてから、とっても難しくて・・・


ネパールで、いろーーんな思いをさせてもらい


そして、ツラかった以上の温かな思いもさせてもらい


そして、日本に帰ってきてからは


本当に、嬉しい、嬉しい、心強い思いばかりさせてもらっていて!!!!


そして日本のレアーレの今後も、本当に、すっごく考える時期でもあって!!!!!



色々な事を思って考えていると、言葉にできなくて。。。


とうとう、実家の母が心配して電話をくれ


「でも、その声なら大丈夫ね」


って一言


母って、やっぱり、偉大です



サッカーのワールドカップも始まり


7月16日にはネパールのレアーレの子ども2人と、コーチ2人が日本に来れることになり!!!


ビザを無事取得でき!!! (ネパール人が日本ビザをとるには、面接まであるのです!!!)


小学校や、中学校さんと打ち合わせしたり


そして、茂木にある、野田レーシングアカデミーさんと、打ち合わせさせてもらったり!!!!!


わざわざ、東京まで出て来て下さっているのです!!!!!!


お互いの中間地点で、って!!!!私たちがお世話になるのに!!!!!



そして、素敵な方たちが働いている会社さんとお話ししたり、これからのプロジェクトでワクワクしたり!!!!


さらには、ポカリスエットのイベントを伊東で、色々な方の協力をいただきながら開催したり


その中で、いろーーんな事を発見して、解決できて!!!



ネパールで書いたブログ以上にまとまらない、たくさんすぎる想いがあって・・・



一つだけ、明確に伝えることができることは



私は一人では、本当に何もしていなくて、できなくて!!!


人と人との繋がり、人と人とが力を合わせることの大切さを


心の底から、改めて感じ、感謝しています!!!!



ネパールでは、レアーレファミリーが


ずっと、ずっと、初めから、私がずーーーっと言っていた


大人たちが働いて、コーチたちが働いて、子ども達にお手本を見せてほしい!


それを始めてくれました!!!!



何も言っていないのに、自分達から始めてくれた畑


レアーレの運営のために作る


って、畑を!!!!


1402071633269.jpg



荒地から畑をつくる、ナショナルプレーヤーのサントス


そして、堆肥をつくり



1402321617967.jpg




小屋を作り



1402921060569.jpg



コーチたち皆が働き!!!



1402921019433.jpg



ファミリーが力を貸してくれて!!!



1402921029423.jpg



誰一人、地位だとか、権力だとか


名声だとか、お金だとか


そんなこと、関係なくて


皆が、子どもたちのために、レアーレのために!!!


って!!!!



1402931625137.jpg



同じ想いを持って、同じところを見ている人が集まると


本当に、物事が、動く!!!!


そう強く感じています!!!!


そして、その動きは、思い描いていたこと、そのままなんです!!!!


この小屋には、LOLO SITOA って書くんだよ


って、嬉しすぎる言葉までくれて!!!!!!



もう、泣きそう!というか、泣きました!!!!!


本当に、小さなレアーレで、再スタートができて良かった!!!!!って!!!!!



どれだけお金をたくさんもっていても、


どれだけ地位と名誉があっても



こんな思いはしたくてもできない!!!



そして、こんな思いは、苦しいことがなければ


ここまで幸せを感じられない!!!!!



やっぱり、どんな出来事も、向き合い、乗り越えた先に


大きな大きな、喜びと幸せ、そして、意味が待っているのですね!!!



伊豆のロロでは桑の実が今年も豊作



1402921424145.jpg



子ども達、具合いがわるくて学校を休みました・・・(?)


(お母さんがずっと居なかったのでたまには^^)


IMG_9695.jpg



ジャムをつくろう!と一所懸命な娘と



ものの10分ほどで、自分の世界に入る息子



IMG_9706.jpg



たまらず私も木に登り・・・



20140613_132502.jpg



疲れて娘と交代


1402921446281.jpg



そしてアヤノまで木に登らされ^^;



1402921470289.jpg



最終的には、作業をしていた弟ハヤトを呼び収穫



1402921508632.jpg



総出で収穫したわりには、ちょっとの桑の実



コーヒー農園や、コットン畑での収穫って大変だよね、、、


って農薬とか枯葉剤の誘惑もわかるね、って。


だからこそ、買い手の私たちが、皆にとって意味のあるお買いものができたらいいね


って話をしながら



IMG_9713.jpg



出来上がったジャムはちょっとだけど、でも、美味しくて^^



外の風が心地よい季節で



P4272624.jpg



どんどん夏に向かっていますね^^



そんな中、ジェームスがなんと、今日到着です!!!!


今回は3か月もいてくれます!!!



レアーレの活動は写真をたーーーくさん、こちらでアップしています!!!

https://www.facebook.com/FcReale?ref_type=bookmark



子ども達の頑張る姿に、いつも元気をもらい


勇気をもらい


そして、やる気をもらっています!!!



どれだけ落ち込んでも


子ども達がサッカーをがんばっている姿をみると


心が強くなるんです!!!!





そして!!!


レアーレのコーチと、伊豆フルさんのご厚意で


ラジオでロロシトアの事と、レアーレの事を伝えさせていただきました!



1402978315155.jpg



想いがありすぎると、おしゃべりが止まらない私は、何分で、って言われると、とっても緊張・・・


じゃべりすぎたらどうしよう・・・って^^;



本当に、たくさんの、たくさんの人に支えてもらい


ロロシトアとレアーレが存在しています!!!!



これからも、未来がもっと、もっと、生き生きとした


希望あふれる世界になるように


子ども達に、大切なことを伝えていける自分の姿でありたいです!!!!



P4272630.jpg



前回以上にまとまらないブログを読んでくださり


ありがとうございます!!!!

プロフィール

lolositoa

Author:lolositoa
LOLO SITOAは fair trade, organic, by hand のshop&cafeです。
ayaと夫kotobaが貯金0円から始めたセルフビルドの家とお店で、
家族が増え、弟たちが増え、毎日のにぎやかな生活
自然に悪戦苦闘する生活、
そして、様々な人たちとの繋がりに感謝しながら、生活している様子を書かせていただいています。
次の世代の子どもたちに、私たちができることをしていきたい、その想いで、活動をさせていただいています。
Happy choices make a Happy world!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。