スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学びの日々

ケニアから帰り


案の定、膀胱炎になり^^


お茶と、漢方と、みんなの優しさで、膀胱炎を直そうをしています^^@



そして、今更ですが


サントスがやってきました


20140908_163835.jpg



今回は、なんと!


レアーレの子ども達にお土産を持ってきてくれて!!!



前回の滞在で、日本のレアーレの子ども達に感銘を受けたサントスは


日本のレアーレの子ども達が大好きになり


そして、子どもたちが、ばらばらのふくを着て練習している姿を見て


自分の幼い頃、靴がなくて、服がなくて、プロチームの選考会ですら、人から借りた服を着ていて


プロになって、皆のように、自分の服と靴を持ちたい!


そう思ってたんだ、って話しながら


レアーレの子たちが、皆同じユニフォームを着ていたら


自分達は、チーム、仲間。そして、一つなんだ、ってチームワークを感じられる


レアーレの子たちに、もっと、一体感を持って、楽しくサッカーをしてもらいたい!


って、ネパールの人にしたら安くない練習着の上下セットを作ってくれて!!!


DSC06153.jpg



それなら、ネパールのレアーレの子たちにあげて!


って言ったら、自分は、日本の子にあげたいんだ!!!!


って。



DSC06199.jpg



5月にネパールに行き


大きくなりすぎた、有名になりすぎたレアーレとお別れして


小さな、小さなレアーレから、本当に理解をしてくれる人たちと共に再スタートを切ったレアーレ



本当に、素敵な、何よりも、私の考えを理解してくれ、私以上に実行してくれている


ネパールのレアーレファミリー


そのファミリーたちも、サントスに賛同して、本当に、自分の生活もやっとなのに


ないお金を皆で出してくれて


なんと色違いまで作ってくれて!!!!



でも、2つはもらいたくない私。


もう一色のユニフォームを、今度は、私たちがネパールのレアーレの子たちのために買いたい!


って思って。


実は、今、ネパールのレアーレは試合に参加できないでいて。。。


お金がなくて。。。


私が、レアーレのことなんだから、お金を送る!


って言ったら


これ以上彩のお金を使いたくない!


って。


自分たちでなんとかするから!


って、レアーレファミリーで畑を始めて、野菜を売ってお金を作ってくれたり



もともと、私が、こうありたい!


って思っていたことを、本当に理解して、実行してくれて!!!


わたしなんかより、意思が強くて!!!


だから、もう一着は、日本のレアーレの子ども達(お家の方)に買ってもらって


そのお金をネパールのレアーレのために使いたい!


って言ったら


サントスは理解をしてくれて




そして、赤色をプレゼントしてもらった子ども達


DSC06197.jpg



早速着て練習


DSC06217.jpg



心が温かくなるような


締め付けられるような


なんとも言えない感情に、私はなりました



でも、ほんと、ありがとう!!!!!!


の気持ちがいっぱい!!!!!!




そして、もう一色のユニフォーム


想いに賛同してくださる方がたくさんで!!!!


そして、中には、自分のお小遣いで買ってくれる子も!!!!!



20140911_211124.jpg



心が熱く、熱く、なりました!!!!!


レアーレは、本当に、たくさんの人の熱い想いからつくられているんだな、


って改めて感じて!!!!



そして、毎週、中学生のために、集まってくださるマッズの方々!!!!!


レアーレの中学生のために、練習相手になってくださり!!!!


当たり前に来てくださっているけれど


自分のこどもがいるわけではないのに


こうして、力を貸してくださり!!!!


20140911_205205.jpg



有り難いだけでなく、心強くて!!!!!


ありがとうございます!!!!




朝から晩まで、サッカーのことしか考えられない二人


20140911_172259.jpg



国が違って、言葉が違って、価値観が違って


それでも、同じところを見て


毎日アイディを出しあう姿を見ていると


見ている私が嬉しくて




今回も、まだ1週間もたっていないけれど


サントスとの生活は


本当に、ネパールが、ぐっと近づく感じで


価値観が全く違って


生活が全く違って


宗教があって



お金に対する価値観も全く違って



私はネパールをだいぶ知ってきている気でいたけれど


本当に、本当に


私がしていることが裏目に出てしまうことばかり。。。



誰かに、何かをしてあげる


って、ホントは、すっごく、すっごく、いらないことだったり


なかったほうが、自分の力を信じて、自分の足で歩こうとできたり



お金を話をネパール人とすると


というより


サントスとすると


なぜだか涙が出てきて、、、



悲しいとか、そういうのではなくて


理解ができなかったり、自分がしていることが間違っているようにすっごく感じたり


私の感覚を理解してもらえないもどかしさや


日本では当たり前のことが、全く理解してもらえなかったり


あまりの価値観の違いや


生活の違いに、心と頭の整理がつかなくなって



でも、時間を置いて、考えると


すっごく学ぶことが多くて


そして、もっと良い方法が発見できて!!!




結局



ありがとう



って言いたくなる気持ちになって



結局、私は、価値観が違って、生活も違って


全く違う、って分かっているのに


自分の価値観とか、感覚とか


そういったものを、みんなに理解してもらいたいんだな、、、


って^^。。。



ネパールと日本は違うってしっていても


理解してもらいたいんだな


って



でも、結局、


国が一緒でも、違っていても


理解しあえる者同士が


一緒に活動できて


一緒に喜びを分かち合えて


一緒に悲しみも分かち合えて



どこまで、理解しあえて


どこまで、相手の言葉を聞こう


って思えるか


だな


って



ネパールは、やっぱり、いろーーんな感情を教えてくれて


私を成長させてくれる国です^^



サントスが投げかけてくれる色々のおかげで


自分との戦いが


自分の感情の学びが


これからも、たくさん続きそうです^^



いつも、かならず、最後に


ありがとう


になるように


逃げずに、しっかりと、自分と、起こっている出来事と


向き合っていきたいです!!



IMG_6424.jpg
スポンサーサイト

I am in Kenya

Saying farewell to Matija in Croatia,





To make necessary procedure, I had to go through immigration in Germany


Saying good bye to my kids at the airport of Munich , Germany …


Seeing my kids sad faces behind their attitude of trying to be strong


I told to myself ,


" I have to do my best ! ! "


But then,


Their flight was canceled, so when I went back into the transit area, I got to see them again ^^@


We had many incidents in this trip , but I am now in Kenya!







I only knew the face of animal kingdom


But the place I am going is the one of the biggest slum in the wirld


It was not a vast savanna to the horizon with blue sky








It was miuntains of trash







And modest houses


But I really liked their charming coloring







Yet, such casual thought blown away in this sever environment





In this trip , I am here for a different project as I usually come for LOLO SITOA's actuvity


It is a huge project partnered with my favorite people


People living this reality so strongly


That I am not so sure if I am good enough to be their partner


And they have such a passionate spirit


Which I would love to introduce about them in another occasion


Which put me into a thinking that "what am I able to do ? "


Not in a way of "what can I do " but in a l senae of "what is it that U can do !"


Then I noticed that I can be active in different places since they have little time to do so


If I can use my shop to manage production and sales ti make this project as bigger as possible


Then more people will be involved , and more awareness can be influenced



Simply , I thought that would be it





Through soccer , in this slum named Kibera , I am thinking


If we can make a project for the children in Japan and for the adults in Japan,


To convey a spirit


To convey something uplifting in their passion!




This is our team in Kibera for this project !!!!







I thought I would be terrified just by myself as a woman, and wanted someone who knows soccer


So I asked Santosh ( professional soccer player and Reale nepal coach ) to come from Nepal !


( Although he is a captain of the professional team, and they are playing fir a tournament today, he canceled his participation so he can come with me … !


I am so sorry , and soooo much thanks !! )




These are the members who created an active community in Kibera








They are also living in Kibera, but they are working every day to change the reality of children in Kibera !


Looking at their tough spirit , I really felt I still have so much to learn


I felt that I have to be much stronger




Then I equipped my camera and video camera


To glimpse into the lives of children playing for the Kibera Soccer League


I took off to the streets of slum city







Apparently, it would be very dangerous, so I hired two police officers


And also being told to bring 3 members from the foundation that lives in Kibera







Such a huge rifle and automatic guns …


The moment I saw them, I got so nervous



Yes, slum is very terrifying


But rather, I am so not used to being around with these guns following me …


My focus was so out of shotting photos







And the ground was always like this








Anywhere







I had to direct all my focus in the act of walking








Sometimes getting those zinc roots on my head




But children were full of smiles







And the kids from the team seemed so honorable







And most of all the adults who involved in this project,


The coordinator of Kibera Soccer team ,


And the coach member of the soccer team


They live in Kibera , and took me around the slum city


Had si much integrity inside !!!!


With such passion !!!


That they were proud to introduce me to their slum city







"We are tough!"


He said.


Although living in slum , although they do not have money,


They didn't show me any sadness or such feelings !


I don't kow how to describe this ….


But they have this special feeling


May be because they are headind to the future with full of hopes



Mothers of the children playing for the team







I was even surprised with myself feeling a sense of hope in this sever environment


Which you can see how I am not focused in shooting photos ….


Mothers are not even in the picture …


It was truly amazing how they managed to live in this city.


These are the people who came out to look for a job.


Every day is a survival for them








But what I am truly amazed is how different they appear by the spirits they have towards life !!


The people I met were so full of passion !



They were so bright


And they were carrying a dream in their life !!!



So what I want to say here ,


I am NOT going to talk about how difficult and sad this reality is here


Or


It's not about how the world is filled with unfair lives.


But when you see these peiple,


No matter what kind of environment they are in ,


When a person carries a passion and dream in his/ her heart



They can be so proud !


Can be so attractuve !!


They looked so much stronger and vibrant !


Than this women coming from Japan (me )




That is what I want to convey to everyone !



LIVING



In the life of human being , is so magnificent and can be so full of joy !




As they have conveyed this message to me,


I am very proud


To convey these amazing lives of people living in Kibera!



That is what I feel !



May this project will last for long long time,


And for my wish to initiate something in the heart of others as many as possible,


I will give in all my effort to do the best that I can possibly do !








Seeing these wonderful people in Kibera,


I thought I will wait for my visit to enjoy the animal kingdom for several years later







To be proud of myself as much as they are,



I am and will continue,


to LIVE !!!!!








ケニアにいます

マティーとお別れをして







手続き上、ドイツに一瞬入国しなければならず、



ドイツのトランジットで、子どもたちともお別れをして…



寂しそうな子どもたちを見て、こうして我慢をしてくれているんだから



頑張ろう!!



って思ったら



子どもたちの飛行機がキャンセルで、2時間後に再会^^@



色々ある今回ですが、無事にケニアに到着しています!







野生の王国を見ていた私



でも、私が行くところは、世界最大とも言われているスラム街



真っ青な空と、広大な大地ではなく









ゴミの山と









質素なお家




それでも色合いが可愛くて








なんて思っていたけれど



そんなことも、吹き飛んでしまうほどのスラム街




今回のプロジェクトは、ロロシトアではなく



とっても、とっても、大好きな人たちとのプロジェクト



私なんかが一緒にさせてもらって良いのかな?って思うくらい



すっごく、現実的に今を生きている人たち



そして、熱い気持ちを持っていて



その人たちは、また後日紹介させてください!



だからこそ、今、私が出来ることってなんだろう?



って考えて



私なんかが、ではなくて、私だから出来ることを!って考えて



そしたら、忙しい彼らに代わって動くこと



お店を使って、商品を作り販売し、このプロジェクトが少しでも大きく



少しでも沢山の人たちが、関わり、そして、意識が変わっていくこと



そう考えて。




サッカーを通してキベラというスラムに、そして、日本の子どもたちに、日本の大人たちに



皆に、何かを感じる



心を感じる、熱い気持ちを感じるプロジェクトが出来たら



と思っています!




今回、キベラで一緒に活動していく仲間たち!!!







女だけでは怖いのと、サッカーを知っている人にいてもらいたいのとで



ネパールからサントスにも来てもらい!



( なんと、今日ネパールで、サントスのチームはトーナメントがあり、サントスはキャプテンなのにキャンセル…



ごめんね、とありがとう、が一杯です!)



キベラで、コミュニティーを作り、活動している彼ら








皆、キベラのスラムに住んでいて、そんな中で子どもたちのために!



って、毎日活動していて!!!!



私は、本当に、甘くて、まだまだ…



彼らのタフな心を見て、本当に、まだまだ



って感じます



キベラリーグに参加している子どもたちの生活を見るために



ビデオとカメラで撮影をするために



スラム街の中へ








とっても危険だから、警官二人を雇って、



あとは、ファンデーションで働いているスラムに住む彼らを3人連れて歩きなさい、って…








こんな大きな自動小銃と、ライフルが近くにあって…



それを見た瞬間、もう、舞い上がってしまい



スラムが怖い以上に



こんな大きな拳銃が近くにあることの環境に慣れず




写真どころではない心境…









しかも、足元が…








常にこんなで








歩くのに必死







頭にトタンがかすることも…




それでも笑顔一杯の子どもたち









そして、なんだか誇らしげに見える、サッカーをしている子どもたち!!!!









何より、案内してくれている、キベラに住む



キベラリーグのコーディネーターが



サッカーコーチが



本当に誇らしげで!!!!



情熱を持っていて!!!



すっごく、誇らしげにスラム案内してくれて








僕たちは、タフなんだ!



って。



スラムに住んでいるから



って、



お金がないから、って



悲しい、とか、そんな感情が出てこなくて!



なんだろう…



なんて表現したらいいのかわからない感情が



きっと案内してくれた彼らが希望に満ちているからだったのかも知れない




サッカーをしている子どもたちのお母さんたち








こんなすごい環境をみているのに希望を感じる自分の感情にも動揺して



もう、写真がめちゃくちゃ…



お母さんたちが入っていない…




本当に、本当に、すごい環境で暮らしている人たち



皆、仕事を探して出てきた人たち


1日1日が必死で








でも、そこに生きる人の心一つで



全く印象が違っていて!!!




私は、本当に情熱的な人たちと出会い



本当に明るい人たちと出会い



夢を持つ人たちと出会い!!!




だから、私は



こんなにも大変なんだよ、とか、こんなにも悲しい現実なんだよ



とか



世の中にはこんなにも不公平があるんだよ




ではなくて



どんな環境に居たって



熱い気持ち、夢を持つ人は



こんなにも誇らしい!



こんなにも、魅力的!



こんなにも、日本人の私なんかより、



力強く、たくましく!



それが、



生きる



という、人の人生において



どれ程素晴らしく、どれ程、喜びの人生なのか



そこを伝えたい!



彼らが私に伝えてくれたように



私も、誇りを持って



キベラに住む人たちの素晴らしさを伝えたい!



そう思っています!




このプロジェクトが、長く、長く続き



そして、



少しでも多くの人たちに何かを感じてもらえるように



私に出来ることを、精一杯がんばります!









野生の王国を満喫するのは、何年か後でいい



そう思わせてくれるキベラに住む人たち!








彼らに負けず、自分を誇れるように



生きていきます!!!!!!!!!










プロフィール

lolositoa

Author:lolositoa
LOLO SITOAは fair trade, organic, by hand のshop&cafeです。
ayaと夫kotobaが貯金0円から始めたセルフビルドの家とお店で、
家族が増え、弟たちが増え、毎日のにぎやかな生活
自然に悪戦苦闘する生活、
そして、様々な人たちとの繋がりに感謝しながら、生活している様子を書かせていただいています。
次の世代の子どもたちに、私たちができることをしていきたい、その想いで、活動をさせていただいています。
Happy choices make a Happy world!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。