スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC富戸が教えてくれたこと

先週の土曜日のサッカーの試合

私は1試合だけで帰ってしまったのですが

その後、FC富戸は、本当に頑張りました!

ハヤトのブログでも書きましたが

夫から、試合の様子、そして、子どもたちの様子を、何度も、何度も

興奮しながら話してもらい

そして、話を聞くたびに、感動し、感激し、試合を見ていないのに

本当に、勇気と、そして、頑張ることのすばらしさ、さらに、あきらめない事の強さ

それを、強く、強く教えてもらい

どうしても、皆さんにシェアしたくて、しつこくなってしまいますが

先週の試合の様子を、私の観点から書かせてください


1試合目、10チームが戦うトーナメント戦で、なんと、コートは1つ

全選手と、お母さんお父さんが1コートに注目する中

FC富戸はすべての試合の1戦目

アップもままならないうちにキックオフ

全員が、かなり近い位置から注目する独特の雰囲気

いつも、動きのいい子がなかなか動けず

思うように試合を運べないながらも、勝利


1度でも、負けたらそこで終わり

そのプレッシャーが子どのたちの気持ちを守りにしてしまい

「失敗することが怖い」

その気持ちが身体を萎縮させ

そして、思うようにプレーできない


大人も子どもも同じです。。。


そして、気持ちを切り替えて2試合目

今まで、練習試合を何度かしているチームとの対戦です

これまでの試合では、FC富戸が大差で勝利することもあったチーム

けれど、この日は、とっても接戦

1点を取られ、追いかける試合運び

子ども達の勝ちたい!点を取りたい!!

全員の思いが前に向くと

1点を返し、そして、また1点取られ。。。

必死にくらいつきながら、残り1分くらいで同点に追いつき

そして3人対3人のPK戦

ゴールキーパーのファインプレーがあり

2対1で勝利



対戦をするスポーツは

「流れ」が手に取るようにわかります

気持ちの乗ったチームはどれだけ技術的に差があっても

ミラクルを起こし続けます

それを「神がかり」

と表現しますが、私は、それは神がかりではなくて

「気」が全ての流れを作っている、そう信じています

だからその「気」が大きく強くなれば、全ての流れは自分の流れに乗ってくる

それが、相手の「気」を弱くさせ弱気な状態がまたさらに流れを自分のものへ導く

スポーツに限らず

生活の中でも、仕事でも、どんなことでも、「気」はとっても大切に感じています


この日のFC富戸の「気」は

一人、一人は、緊張していて、いつもよりも弱気

けれど

ここがチーム競技の面白いところ

プレーヤー、一人、一人は弱気でも、ベンチにいる控えの子たちが

心を一つに、心の底から、プレーヤーを応援し、チームを応援し

その1つにまとまった「気」はどんどん、コート内にいる子どもたちの背中を押し

心から「怖さ」がなくなり

突然、スイッチが入ったように、好プレーをし始めて

団体競技は、レギュラーだけが選手ではない

ベンチ、マネージャー、コーチ、そして、監督、応援団、全てが選手

よく、そんな言葉を使いますが

本当に、勝ちに向かって「気」が一つになったチームこそが

力以上の力を発揮する

そう感じさせてくれる、FC富戸の試合です



3戦目、ここで勝利すれば決勝戦!!

対戦相手は、技術もまとまりも、上のチーム

けれど、FC富戸は、PK戦で勝利した、その強気のまま試合に臨み

なんと接戦!

勢いそのままに、先取点を奪ったFC富戸!

と、そのとたん、子ども達の心に、「決勝戦」という文字が浮かんだのか

突然、気持ちが

点を取られてはいけない

そう、守りの気持ちになり、FC富戸の一番の盛り上げ役、点を取るフォワードの2人が

思い切って前に飛び出せなくなり、下がり気味

そうすると、今度は、相手の番

1点を返され同点に

でも、ここで流されず、気持ちを強く持ったFC富戸

気持ちを「前へ」に切り替え、なんとが2点目

すると、ますます「決勝戦」が身近になり

ますます、その1点を守りたくなり、守りの姿勢に

そして、やっぱり、同点に追いつかれ

最後の踏ん張りどころ

なんとか1点を取りたい両チーム!

その時!!

FC富戸の守りの要の一人が、負傷し大事なところを押さえベンチに!!

あわてて、控えの子を、何の説明もなく

「とりあえず代わりに行け!!」

それだけでコートに入れる鬼コーチ

ついたことのないポジションな上に、流れのできている試合

当然のごとく、追加点をとられたFC富戸


相手チームはこの日の優勝チームでした


試合終了後、代わりに入った男の子は、わんわん泣き

チームの中には、おまえのせいで!という子もいれば

一人のせいじゃない、そういう子もいれば、いろいろ。


FC富戸のテントに戻っても、泣き止まない男の子に、その子のお母さんが一言

「くやしかったら、次の試合で取り返してきなさい!!!」

涙を拭きながら

「うん」

と頷くそのこの隣で、だまって座る、負傷しベンチに下がった子


実はベンチに下がった子は試合前、弟のハトコーチに、次の試合、途中でリタイヤするかも

と伝えていたそう

それを、夫のオニコーチに伝えなかった弟


情報の共有

コミュニケーション

皆の状態を考える

そして、常に、何が起こっても大丈夫なように

色々な角度からものを見て、予測して、より多くの対策を考える

子どものサッカーも、大人たちの社会も、同じです。



それをしていなかった、FC富戸のコーチ陣

夫は毎日、毎日

大反省をしています

そして、反省は、後悔ではなく

次に、同じことをしないための時間



準決勝で敗れたFC富戸は最終戦、3位決定戦に

前の試合で大泣きした子は1試合目から、スターティングメンバー

この試合で、自分の失敗を取り返すんだ!

そう思っていたのに、メンバーから外され、ベンチスタート

意気消沈したムードのまま試合が始まり

やっぱり

早々に相手チームに1点を取られたFC富戸

そのまま、点を返すことができず

やっぱり、いつもの盛り上げ役のフォワードの子たちも動きが戻らず

チーム全体がちぐはぐなムードで前半が終わり

ハーフタイムで気持ちを完全に切り替えさせてあげることができなかったコーチ陣

15分しかない後半に入り

やはり、前半の空気を引きずる子どもたち


その時

鬼コーチが声をかけたのは

大泣きした子どもと

いつも控えの3年生

「お前たちに5分間、試合を託す!」

大泣きした子には

「5分間、とにかく必死に声をだせ!そして、空気を変えて来い!」

そして3年生には

「とにかく1点とってこい!」

ポジションの説明は一切なく

精神論だけ!


そして、代わった選手たち

悔しい思いを抱えている子は、とにかく大きい声をだし

ガラリ!!!!!

と変わる空気!!

劣勢だったムードが一転!!!

攻める一方!!

そして!!何より、ベンチに戻された子どもたちが

ふてくされるのではなく

お腹の底から声を張り上げ、コートの中にいるメンバーを応援!!!

やっと、FC富戸の子どもたちの「気」が

悔し涙の子の魂の宿った声で一つにまとまり

残り7分

一度下げた二人をもう一度呼び

「ラスト7分、1点を取って来い!」

下がった二人は、FC富戸のエースと、中盤を守らせたら皆が一目置く子ども

下げたときにコーチが

「おまえこのままでいいのか?」

そう聞くと

「このままでは終わりたくない!」

そう答えたエース

そして、その言葉を横で聞く3年生


そして、二人がコートの中へ!!

もう、流れは完全にFC富戸!!

1点を取られているのにもかかわらず

勢いがとにかく追い風

ベンチからも、大きな声!

そして、絶対に勝ちたい!!!!

それぞれの子どもたちの、それぞれの強い思いがどんどん「気」の流れを作り

しかし残り時間は、刻一刻と終わりに近づき

15分でどんなシチュエーションでも終了の試合

鬼コーチが時計を見ると残り15秒。。。


その時!!!!


ぽーん!とサイドに出たボール!!

そして、それをこの日、なかなか力を出せていないエースがベンチの前で受け取り

そのままドリブル!!!

そのスピードは、今まで見たこともない速さ!

ベンチからは

「ゴールへ向かえー!!!!」

そして、鋭いセンタリングに飛び込むFC富戸!!!

そして!!

ゴール!!!!!

ゴールのホイッスルとほぼ同時に、試合終了のホイッスル!


最後の最後まであきらめなかった子どもたち!

最後の最後まで、勝ちたい!!

そう強く思い、そこだけを見て走り続けた子どもたち


最後まで諦めるな

そう言ってみせるこは簡単です

でも、それを実行したFC富戸の子どもたち!


そして、PK戦へ

この試合FC富戸は2度目のPK戦

ゴールキーパーが相手のシュートを1本とめ

FC富戸は2人決め

3人目が決めれば勝利!

その3人目!!

ボールを蹴ると、そのボールは、ゴールバーへ!

あぁ。。。と思った瞬間、ボールが吸い込むようにゴールラインの内側へ!!!

普通なら入るはずのないコース、入るはずのないポストへの当たり方

FC富戸の子どもたちの、どうしても勝ちたい!!

その強い、強い気持ちが、大きく、大きくなり

ボールを押し込んだとしか思えないシュート!!!


勝ちが決まった瞬間

本当に嬉しそうにオニコーチに向かい走り、抱きついてくるエース!


子どもたちは、それぞれ、いろいろな課題を抱え

そして、いつも、いつも

自分の気持ちと戦いながら

コーチに叱咤激励されながら

仲間とけんかしながら、応援しあいながら

一歩一歩

成長しています



後日、悔しい思いをした男の子のお母さんが、日記を見せてくれました

この日の大会のことが何ページにもわったて書いてあり

その中に

「僕は、サッカーができて、本当に嬉しいです。

でも、一番、感謝するのは、鬼コーチにです。

鬼コーチがサッカーチームを作ってくれなかったら

僕は、こんな思いをすることができなかったからです。

だから鬼コーチ、ありがとうございます」

そう書かれていて




夫は、子どもたちのチームを作ってから

毎日、毎日、サッカーの話ばかり

そして、一人一人の子どもたちの性格、抱えているもの

本当に、子どもたちの全てと、全力で向き合っています



この試合を終えた日


「本当に、俺はこんなにも、すばらしい経験ができて

すばらしい感情をもらえて

本当に、本当に、子どもたちにありがとうだよ!!!!」

そう声にする夫の目は

本当にキラキラ輝いていて

人はいつになっても、何歳からでも

輝けるんだ!!!

それも見せてもらいました


私は、そんな子どもたちと、夫に

いつも、いつも

たーーくさんの学びをもらっています


写真の1枚もない、ながーーいながーーーーーいブログを読んでくださり

ありがとうございます!!!


















スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

たかのさん

とっても、とっても嬉しいコメントをありがとうございます!!!
初心にかえる
って、すごーーーく重要ですよね!!!!
真っ直ぐな自分の想いを再認識できて
だから、真っ直ぐ進めて!!!!
もちろん!!くねくね道も私は大好きですが^^

たかのさんのコメントを読んで
いーーーっぱい元気をいただきました!!!

ありがとうございます^0^!!!

あや

No title

仕事中にこっそり読んでいたにもかかわらず
涙がでてしまいました。
昨年、わたしたち夫婦が大変だったとき、甥っこの
運動会で心が洗われ涙がでてしまったことを思い出しました。
本当に絶対あきらめなくてひたむきな姿って心うたれますよね。
私どもも初心に返ってがんばらねば!
ありがとうございました!!

Re: タイトルなし

青木様

初めまして!日記を読んでくださり、ありがとうございます!!!

そして、本当に心温まるコメントをありがとうございます!!!

たくさんの、勇気とやる気をいただきました!!

コメントをいただけたこと、本当に幸せです!

ありがとうございます!!

これからも、ぜひぜひ、よろしくお願いします!!

あや

初めまして。

タマラさんに紹介して頂き、時々拝見させて頂いていました。

毎回ですが、思わず引き込まれる様に日記を読み進め、この日記に至っては、途中から涙が溢れてしまいました。

感動とはまた違う、心にスルリと入り込み、そっと触れてくる様な、そんな不思議だけど心地よい感覚を感じました。

何か、自分に足りないものを、ここから感じます。

自分が何を感じていたのか、しっかり見つめてみます。

日記を拝見出来た事、感謝します。
プロフィール

lolositoa

Author:lolositoa
LOLO SITOAは fair trade, organic, by hand のshop&cafeです。
ayaと夫kotobaが貯金0円から始めたセルフビルドの家とお店で、
家族が増え、弟たちが増え、毎日のにぎやかな生活
自然に悪戦苦闘する生活、
そして、様々な人たちとの繋がりに感謝しながら、生活している様子を書かせていただいています。
次の世代の子どもたちに、私たちができることをしていきたい、その想いで、活動をさせていただいています。
Happy choices make a Happy world!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。