スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスなのに。。。

子どもたちに大激怒・・・



なぜって



物を大切にしないから


人の想いを大切にしないから



いろんなことが、当たり前になっているから




LOLOも世の中と同じように

サンタクロースがきてくれました^^


昨日はイブで

家族みんなで!


20131224_185231.jpg



そして、今日はいただいたケーキで

女性が入ってさらにビミョーになった聖歌隊



20131225_190455.jpg



と楽しんだのもつかの間・・・



頂いたものや、オモチャや、サッカーの道具、学校の道具、服、などなどが散乱していて



今までも、何度も注意してきたのですが


やっぱり



そして、ついに


プチン!


と音がなってしまった私の頭と心




全てをごみ袋に入れ

ゴミステーションへ



片づけられないとか、大切に使えないは、もちろんなのですが

それよりも、何よりも

私には


誰かが自分のことを想ってくれて

自分のために

の気持ちでくれた物にたいして


その


「物」


ではなくて


その人の


「気持ち」


を感じられない、感じようとしない我が子にがっかりして



だったら、子どもだけでなく、自分のものも、お店のものも

車も家も、お金も

全て捨ててしまおう


そして、何もなくなったら

嫌でも、子どもたちは、誰かの優しさを感じられるだろうし

思いやりも感じるし

物の有り難さがかんじられるかも



そう思って



当然大泣きする我が子たちですが


本当に子どもたちに伝えなければならないこと

子どもたちが、将来、幸せに暮らすために、何をしっていないといけないのか


それを考えて



そして、子どもたちにそれを伝えながら、叱りながら

自分を反省して



子どもたちは、自分たちの姿をみて育っていて

私たちが


あたりまえ


の気持ちでいるから、色々が当たり前で



サッカーの道具が買えるのも当たり前

勉強道具が買えるのも当たり前

学校に行けるのも

ご飯が食べられるのも

お菓子が食べられるのも


なにから、なにまであたりまえ



当たり前なことを、意識できなくなった時

人は、どんどん、不幸せ、幸せの感情を失っていくように感じています



私たち大人ですら

当たり前にあると、感謝は初めだけで、それが当たり前そのうち、意識もしなくなって



チベットの難民の方たちですら

もらうことが当たり前になっていってしまう人たちもいて


ネパールでも、

してもらうことが当たり前になってしまった人たちがいて


そのたびに寂しい気持ちになるけれど


でも、自分の目の前にいる、大切な大切な我が子が

そんな風になってしまっていては

今、私が全力で取り組む場所は

そこ



レーアレも、子どもたちが当たり前にサッカーができるように作ったチームではなくて

この、物が当たり前にあふれている

手にしたい!

って思ったら、少しの努力で手に出来てしまう物があふれている今の時代の中で

本当の感謝の気持ち

ありがとう

の気持ち


人の想いに気が付くこと


それを知ってもらいたくて



でも、それって、言うだけでは絶対に伝わらなくて。。。

だからこそ、私に何ができるだろう!?

っていつも考えていて


子どもたちに、どんな働きかけをしたら伝わるだろう

とか

子どもたちがどんな経験をしたら知れるだろう?


とか




物を一切なくして、飲み食いが大変な生活をしたら

きっと、一瞬は、本当に

ありがたい

その気持ちは知れるけれど

それから、物がまた、当たり前に手に入ったら

多くの人は、また、当たり前な気持ちになっていってしまう


それが人の感情だな

って



今回の我が子たちの物も、もちろん、

我が子がゴミステーションに、大号泣をしながら取り戻しに行きました


口で言うことは簡単


大切にします


って


でも、これからの、子どもたちの行動をみて

人の想いを知れない、感じようとできない

当たり前ばかりで、物を大切にできなかったら

家族みんなで、全てを捨てよう


そう約束しました



今日、明日と、伊東市内にある、サッカーチームさんと、静岡から合宿に来ているチームさんと

練習試合をさせてもらえることになり!!!



それだって、当たり前なことではないです!!!!



レアーレがサッカーができるのは

仲間がいてくれて、そこに送り出してくれているお家の方がいてくれて


そして、相手がいてくれて

コーチがいてくれて


応援してくれている人たちが居てくれているから


それをどこまで伝えられるかが、私の役目だと思っています

私には、サッカーを教える技術はなく

子どもたちとサッカーを一緒にする体力も今はなく


だったら、何が私の役目なのだろうか?



そこをいつも、いつも、考え行動しています


我が子を叱ることで

改めて、反省をさせてもらえ

そして、初心を思い出し

自分がしたいことを明確にさせてもらえました



病気をしないと、健康の有り難さがわからない


自分自信も、子どもたちも、そんな寂しい心にはならないように

これからも、取り組んでいきたいです!!!!!



レアーレの子どもたちは、本当に、我が子のように感じています!!!!

そして、最近、サッカーをしている子たち、みんなが愛おしくて!!!!


どこのチームだから、どこに住んでいるから

なんて関係なく

すべての 大人たちが、全ての子どもたちを

我が子のように、真剣に、こどもたちの将来を考えて行動できるひがきたら


それは、とっても素晴らしいな!!!

って思っています^^



でも、そんな大きな事ではなくて、

まずは目の前にいてくれる子どもたちと

真剣に向き合い

自分も、子どもたちも、成長していける





を大切に生きていける環境を作っていきたいです!!!!



いつも、いつも、応援してくださり、ありがとうございます!!!!!



20131225_093134.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

lolositoa

Author:lolositoa
LOLO SITOAは fair trade, organic, by hand のshop&cafeです。
ayaと夫kotobaが貯金0円から始めたセルフビルドの家とお店で、
家族が増え、弟たちが増え、毎日のにぎやかな生活
自然に悪戦苦闘する生活、
そして、様々な人たちとの繋がりに感謝しながら、生活している様子を書かせていただいています。
次の世代の子どもたちに、私たちができることをしていきたい、その想いで、活動をさせていただいています。
Happy choices make a Happy world!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。